まずは印刷対象の素材を用意していただきたいですのですがその理由は・・・


UVインクがその素材に密着するかどうかを調べるためです。


hagare01.jpghagare02.jpg

インクと素材の相性を確認して初めてお見積りが可能になります。


この段階で概算のお見積りを提出させていただきます。


素材の形によっては「専用治具」の設計、製作が必要です。


治具とは印刷位置を一定に保つための固定器具です。


jigu01.jpgjigu02.jpg

当社ではレーザー加工機を使ってリーズナブルな価格でご提供します。


だいたい設計1万円以下、製作2万円以下で対応してきました。


jigu03.jpgjigu04.jpg

次に試作をおこなわせていただきます。色や絵柄の配置の確認用です。


shisaku01.jpgshisaku02.jpg

試作品が承認いただけたら量産をおこなわせていただきます。


上記フローはお客様の事情に合わせて柔軟に対応させていただきます。


電話、メールだけではなかなか説明しにくい部分があります。


初めてのUVインクジェットプリントは福永を呼んでください。


お会いしたその日にUVインクジェットプリントの「ツボ」がわかります。


初めてのUVインクジェットプリントは福永を呼んでください。


日本全国どこへでもおうかがい出来るように努力しております!



元に戻る

トップへ